スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
<< 考城隍 | main | 尸変 >>
耳中人
譚晋玄はし川県の生員である。導引の術(不老長寿法)の会得に夢中になり、暑さ寒さ構わず研究していた。
幾月か経ち、ようやく少しずつ習得してきた。
そんなある日の事、結跏趺坐(座禅)していると、耳の中で蠅の羽の様なか細い声がする。
「会おうか。」
目を開けるとその声はしなくなってしまった。
又目を瞑り息を整えると再び声がした。
ようやく術の会得が近づいたのかと譚は喜んだ。
それから結跏趺坐する度にその声が聞こえるもので、再びその声が聞こえたら答えてやろうと考えていた。
また声が聞こえたので譚は
「会おうか」
と答えた。
暫くすると耳の中からごそごそと何かが這い出す音が聞こえる。
譚がそっと様子を伺うと、三寸ばかりの夜叉の如き顔をした小人が部屋の中を歩き回っているではないか。
どうしたものかと息を詰めて様子を伺っていると、隣の家の者が物を貸してくれと戸を叩いた。
その音に驚いたのか小人は巣穴を見失った鼠さながら部屋の中を駈けずりまわった。
すると譚はふっと意識が遠くなり、小人がどうなったのかもわからなくなってしまった。
それから譚は魂が抜けたようになり、呻くばかりになってしまった。
半年ほど養生するとようやく快方に向かったのである。

思わず耳を押さえてしまうそんなお話。
多分私の頭の中にも妖精さんが住んでいると思います。
| 聊斎志異 | 03:09 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:09 | - |
| | | |









Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>